仮想通貨取引所

近年、金融関係のニュースを見ていると「仮想通貨」というワードをたびたび目にしますが、この仮想通貨とはいったいどのようなものなのでしょうか?
また、仮想通貨と聞くと必ず取引に関する話も出てきますが、仮想通貨の取引とはどうやって行うのでしょうか?
実際にニュースを見て興味があるけど、どのようなものかいまいち理解できないという人も多いと思いますので、ここでは仮想通貨とは何か、そして仮想通貨の取引についてお話していきます。

▼ 目次

仮想通貨ってなに?

はじめに仮想通貨とは簡単に言えばインターネット上で使うことができるお金のことで、最初はオンラインゲーム内など特定のツールの中で使われるものでした。
オンラインゲーム内で存在するお金ということですから、当然使える範囲もオンラインゲーム内に限られますし、そこでしか価値のないお金なのでオンラインゲーム内に存在するものを購入するために使う以外の選択肢はありませんでした。
しかし、インターネットが普及していくにつれてその概念は大きく変化していき、特定のサイト内で使われるもの以外の仮想通貨もどんどん登場するようになりました。

代表的な例としてビットコインがあげられますが、これらはオンラインゲーム内など特定のサイトで使うことができるものではなく、インターネット上に存在するあらゆるサイトで使うことが可能です。
たとえば仮想通貨に対応しているショッピングサイトで買い物するときには決済にも使えますし、仮想通貨を送金することもできます。
仮想通貨の送金は一般的な銀行間の取引よりも自由度が高く、大きな強みのひとつともなっており、世界中へ送金できますので募金などのときに役立ちますし、たとえば海外で暮らす家族が災害などに見舞われた場合の送金手段としても仮想通貨はとても便利なのです。
このように仮想通貨は新しいお金の概念としてすでに定着しており、今後もさらに認知されていくことは間違いないでしょう。

仮想通貨取引に興味がある方へ

そして今、この仮想通貨の取引が大きなブームになっていて、インターネット上だけでなくあらゆるところで話を聞く機会があると思います。
仮想通貨の取引で大きな利益を出したという声もいろいろなところから聞こえてきますし、自分もチャレンジしてみたいという人も多いことでしょう。

仮想通貨の取引は株式の取引と同様に仮想通貨取引所を通して行うのがスタンダードな方法ですが、株式と大きく異なるのが仮想通貨取引所によってメリットが異なる点です。
通常の株式やFX取引の場合、取引所の選択によるメリットはそれほど大きいものではありませんが、仮想通貨の場合は仮想通貨取引所によって特徴が異なるので、それぞれの取引所の情報をしっかり収集して比較しておくと、より利益を出しやすくなります。

仮想通貨取引所について

それではここからビットフライヤー、ザイフ、DMMビットコイン、バイナンスといった仮想通貨取引所の特徴を述べていきたいと思います。
まずひとつめのビットフライヤーですが、ここは日本国内でも最大手のひとつに数えられる非常に知名度の高い仮想通貨取引所です。
初めて仮想通貨の取引をするときにはビットフライヤーを利用したという人も非常に多く、セキュリティ面も強化されているので安心して取引に利用できるという点ではとてもおすすめできる仮想通貨取引所です。

大手の有名企業や金融機関も株主となっているくらい高い知名度を誇っているので、安心感という面では日本国内でもトップクラスでしょう。
たとえば全然知らない銀行を利用するのと大手の誰でも知っている銀行を利用するなら誰もが最初は後者を選ぶと思いますが、ビットフライヤーはまさに後者に該当する仮想通貨取引所なのです。
また、もっとも大きいのは早くから補償制度を導入しているという点で、これは初めて仮想通貨取引をする人だけでなく、すべての仮想通貨取引をする人にとってメリットと言えます。

ただ基本的にビットコイン専門の取引所と言ってもいいので、ほかの仮想通貨の取引をする場合は手数料が高くなってしまいます。
積立機能も一日の最低購入金額が1,000円からとなっていますから、この2点はデメリットと言えます。

次にザイフを紹介しますが、ザイフの特徴は何と言っても使いやすさにあります。
いろいろな仮想通貨取引所を試してみたけど、最終的にザイフに落ち着いたという人は非常に多く、その理由として手数料の安さと積立機能があげられます。

まず手数料についてですが、通常手数料と聞くとこちらからお金を支払わなければならないというイメージがありますが、たとえばもっとも知名度の高いビットコインをザイフで購入した場合の取引手数料はなんと-0.05〜-0.01パーセントとなっており、こちらから手数料を支払うどころかむしろプラスになってしまうのです。
ただし保証サービスがない点とアプリが少々使いづらいと言われている点はデメリットと言えるので、この点を重視するなら別のところがいいかもしれません。

そしてDMMビットコインですが、ここはアルトコインでのレバレッジ取引ができるという点とアプリの使いやすさが評判になっている仮想通貨取引所です。
レバレッジ取引自体は先ほど紹介したビットフライヤーでも可能ですが、ビットフライヤーの場合はビットコインのみなので、その点ではDMMビットコインのほうがおすすめです。

さらにアプリの使いやすさは実はけっこう重要な要素で日常的に取引をする場合、操作性が悪いと困りますからこの点を評価する人は意外と多いのです。
逆にデメリットと言えるのはスプレッドが広くて手数料が高いという点で、これはDMMビットコインは取引所という形式ではなく、販売所という形式になるからです。

バイナンスについて

最後にバイナンスですが、ここは先ほどまで紹介した仮想通貨取引所とは違って海外の仮想通貨取引所になるのですが、その中でももっとも評判が良いところです。
バイナンスの特徴はザイフと同様に手数料の安さにあり、全銘柄0.1%となっているのでいろいろな仮想通貨の取引をするならおすすめできる取引所と言えるでしょう。
ただ海外の取引所ですから、まずは日本の仮想通貨取引所を経由して利用しなければならないという面倒なところもあります。