イーサリアム

近年、いろいろなところで話題になっている仮想通貨ですが、実際に取引にチャレンジしてみたいと考えている人も多いのではないでしょうか?
しかしそういった人の中には「仮想通貨の取引ってどうやるの?」「そもそも仮想通貨って何?」と思っている人も少なくありません。

まず仮想通貨とはインターネット上で使うことができる通貨のことで、現金での取引も可能です。
よく電子マネーと混同されることがありますが、電子マネーはそのものに通貨としての価値はなく、あくまでも決済方法の手段としてしか利用できませんが仮想通貨は取引によって現金との交換をすることができます。
つまり限りなく現金に近い通貨ということで仮想通貨と呼ばれており、今後通貨としてスタンダードなものになっていく可能性は極めて高いです。

仮想通貨と言えばビットコインをイメージする人も多いと思いますが、ビットコイン以外にもたくさんの仮想通貨がすでに存在しており、ビットコインに次ぐ仮想通貨もいくつか存在しています。
その筆頭格として目されているのが「イーサリアム」という仮想通貨で、イーサリアムはヴィタリック・ブリテンという人物によって2013年に作り始められた仮想通貨で、2014年7月から販売がスタートし、2015年頃から日本の仮想通貨取引所でも取引ができるようになりました。

それまで仮想通貨と言えばビットコインしかないと思っていた人もたくさんいましたが、イーサリアムの登場によってほかの選択肢があることも幅広く認識されはじめたのです。
そういった意味ではイーサリアムは仮想通貨の可能性をさらに広げることに大きく貢献しており、事実ビットコインに次いで2位のポジションをすでに確立しています。

イーサリアムはETHという仮想通貨によって「スマートコントラクト」と呼ばれる契約の条件確認や履行までを自動的に強制させられるシステムを構築させようという目的があります。
イーサリアムのスマートコントラクトは一度交わした契約を半永久的にネットワーク上で保存することができるので、契約内容の証拠としてしっかり履歴を残すことができますから契約トラブルの防止にも大きく役立ちます。
こうしたシステムを持った仮想通貨がどんどんスタンダードなものになっていけば、今後金銭が関わる契約はすべてこのシステムを利用しようという動きも加速していくでしょうし、そうなればイーサリアムはビットコインに代わって世界1位のポジションを確立することも夢ではありません。


Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/sync14/fizikselkimya2015.com/public_html/wp-content/themes/zacklive/library/underscores/template-tags.php on line 26