ビットコインキャッシュ

仮想通貨とはビットコインからスタートしたまだまだ新しい通貨のひとつで、今ある形態でずっと続いていくものではなく、年々変化を繰り返していくことになるでしょう。
もともと仮想通貨はオンラインゲームなど特定のサイト内で利用されるものという認識で生まれたものでしたが、ビットコインの登場によってインターネット上で幅広く使える通貨として定着しましたし、今ではビットコイン以外の仮想通貨もたくさん登場しています。
こうした現状を見ても今後間違いなく形態を変えていくでしょうし、仮想通貨の取引をしている人、あるいはこれからチャレンジしていきたい人は常に新しい情報を仕入れておく必要があります。

今回紹介したいのはビットコインのスケーラビリティ問題を解決するために作られたビットコインキャッシュという仮想通貨で、名前を聞いたことがある人も多いと思います。
しかし中にはビットコインとビットコインキャッシュの違いがよく分からないという人もいるでしょうし、メリットデメリットについて知りたい人もいるでしょう。
ビットコインキャッシュは2017年8月1日に取引開始されたまだ新しい仮想通貨で、ビットコインとの違いは大きく分けると3つあります。

ひとつめはブロックサイズで、ビットコインキャッシュのブロックサイズは8MBですがトランザクションの大きさはsegwitが導入されていませんからビットコインよりも大きいです。
ふたつめはリプレイアタックなどの攻撃への耐性が強く、リプレイアタックが起こらないように工夫されています。
みっつめはマイニング難易度調整ができるという点で、マイニングによって特定の期間にブロックが一定数発見できなかったときには自動で難易度が調整されるようになっているので、この点もビットコインより優れています。
ただしマイニングのセキュリティに関してはまだまだ未熟な面がありますので、ここはデメリットのひとつと言えるでしょう。

ビットコインキャッシュを取り扱っている仮想通貨取引所はビットバンク、ザイフ、ビットフライヤー、コインチェック、GMOコイン、QUOINEXとなっています。
この中でおすすめしたい仮想通貨取引所はザイフで、ザイフのもっとも大きな特徴は買う側に手数料が入ってくるという点です。
通常手数料は買う側が支払うものですが、ザイフの場合は逆で買うだけでボーナスがもらえるのでお得です。
ほかにもいろいろなメリットがありますので調べてみてください。


Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/sync14/fizikselkimya2015.com/public_html/wp-content/themes/zacklive/library/underscores/template-tags.php on line 26